あんなちゃん

今朝7時過ぎに母の所にお休みのお告げに行ったら 母が
洋服に着替えて リビングに座っていてびっくりした。
そのまま 朝食にして11時には介護認定の審査の方が見えて
母に沢山質問をしていた。。
帰り玄関の所まで私だけで送って行くと`ご家族で大変な事があれば
ショートステイもあるし一ヶ月のお預かりとかで 介護の負担を減らす事も
出来ますので。。’と言って下さった。昨日丁度親友の広島の新田さんと
その話をしていたので、`本人が混乱しなくなってからで 大丈夫です 大体
身内でも大変なのに お世話して介護して下さるお仕事のご苦労は本当に大変ですね。。’
と言った。。年を取ると言う事は 誰にでもある事で、そして
訳が分からなくなる事も 誰にでもある事で淋しいね。。悲しいね。。
と思う。やっぱり 訳の分からなくなった母といる事は ストレスの溜まる事
ではあるけれど、なんたって 母からしてみれば自分の家で 何をしていても良い訳で
私が 努力して優しい気持ちで平にお世話して行く事が 私に必要な 人としての
課題なのだと思う。そんなに手のかからない母なのに 以外とイライラしている自分に
ストレスが溜まっている。。結局私って我がままなのね。。って感じ(笑)
前の母に会えない 悲しさや情けなさも あるのかも知れない。。
が、生きてくれていて 美味しそうだったり 気持ち良さそうだったりする生身の
母といれる事が どんだけ幸せな事かと。いつも 心に留めておこうと思う。。
午後に久しぶりのあんなちゃんに会った。32才のあんなちゃんは 
長野から東京に出て来て2年。しっかり 生活が定着して 今は
翻訳の仕事の他に 趣味のレベルで始めたアクセサリーが ネットで評判になり
色んなデパートから注文が来る様になって 自営業を始めたそうで
私にもお土産で持って来てくれた。そうやってチャンスってやって来るんだ。
本当に良かったね。私も32才の時にチャンスをつかんだけど 気力と
体力が ふんだんにある歳頃なのかも。20代までは細胞増殖。30代からは
体力 その後が精神力。。そして後半は心ってなんかで見た気がする。。
私の年代は絶対に心が中心になる必要があるんだな。。
母と夕食をしてプールに行った。火曜日は仲良し河井さんと 凄腕コーチの
小堀先生と一緒なので外せない。