優柔不断という美徳

そういえば この間母の書類を片付けていて 私から母へのてがみをみつけた。
一人暮らしを始めて 楽しいことも つまらない事も 全部自分のせいで清々しくて快適で
感謝している事。。何でも先頭切って決断して 目標を鉄の意志で達成する
みたいな生き方が 良いものだと思っていたけど 最近は 前バカにしていた
優柔不断が 高度な美徳に感じる。。柔らかく優しく 断らず 立たず あるがままを
受け止めて それぞれが落ち着くのを待つ。。みたいな。。
無為自然 か。。その頃から 少し変わったかもしれない。。。。と感じている。。自分では。。
この事は前にもこの日記に書いた気がするけど 改めて思い出して
人間深く感じると その通りになっていくものだと思う。
今日は 昨日眠る前に1本観て 起きてゴロゴロしながら残りの2本観て
TSUTAYAに返してから 家に向かう東横線の中で書いている。
今の母当番は週の半分で交代なので なんだか煮詰まらないで楽。。