着物

今日はゆっくり眠って 昼間は 息子の所の子供達の七五三の着物の準備を
手伝った。私が着るものも揃えた。全部母が作ったものばかりで 本当に
上等な素晴らしい一点ものばかり。。私達とは格違いの生活だった事が
よく分かる。。その割に 娘達には 贅沢はさせなかった気がする。
しっかり教育してもらったと感謝している。
少なくとも、 私自身は 親が豊かとか そういう事を 知らなかったというか
わかっていなかったというか。。そのまま この年になって タンスの中身を
見たりする時に 呆れたりしているわけで。。
つくづく 物質はあまり意味ない物だと思う。。が、さやかちゃんが
`でもお婆ちゃんのお陰で 私達がこんなに良い思いさせて頂いている訳で。’
って 本当にそうだな。。感謝が足りないな。
夕方から子供達の要望で お好み焼きを食べに行った。
家に戻って シュークリームを食べながらお茶。タイチョーは母親のチッチに
優しくしてもらったり 皆にお見舞いしてもらったり 一日何回か
痛いのか ’ウーッ!’って唸るだけで 後は毛艶も良くて すごく 
よく食べる。骨は出て来ているけどね。